日焼け2ー白い肌を守ろう

スポンサードリンク


日焼け現象には次の2種類があります。
紫外線にあたった直後には発症せず、2〜6時間後皮が赤くなり、痛みは6〜48時間の後に最もひどくなる(サンバーン、sunburn)と、24〜72時間の間、色素沈着が進行する(サンタン、suntan)である。このサンタンは日焼けが起こった3〜8日後に、皮膚が剥離し始めます


サンバーンは紫外線UVBが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達した結果、乳頭体内の毛細血管が炎症反応として充血を起こし、皮膚の色が赤くなった状態をいいます。その際、紫外線量がメラニン色素の防御反応を超えていると、細胞組織が傷を受け、発熱や水泡、痛みが起きることがあります。医学的にはこれを日光皮膚炎と呼ばれています。


サンタンは紫外線UVAがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促す。メラニン色素を多く含んだ表皮細胞が基底層から角質層に達するまで新陳代謝による時間のズレがある為、紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色するのはこのためです。UVAは発赤や炎症を伴う事は無いが、真皮の深部まで到達しシワ、タルミの原因になりといわれています。


日焼けは熱傷深度I〜II度の熱傷であり、障害部位において痛痒感、浮腫、赤変、皮膚剥離、発疹といった症状を引き起こし、その他全身症状として吐き気及び発熱と言った症状を訴えることもあります。一般に熱傷面積が広いため、熱傷深度の割には症状が重篤なものとなり、極端な日焼けでは、身体は衰弱し、入院を必要とする場合もあるので、注意しましょう

edit



スポンサードリンク