日焼け1ー白い肌を守ろうー

スポンサードリンク


日焼け(ひやけ)

肌が、主に太陽の光を浴びることで赤く炎症を起こしたり黒っぽく変色する現象を日焼けと呼びます。

日焼けは、肌に有害な紫外線を浴びることで、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーンen:Sunburn)および、メラニン色素が肌の表面に沈着すること(サンタンen:Sun tanning)をいいます。
ときとして、ファッション的に見た目を意識して、意図的に肌に紫外線を浴びせて肌を黒くすることを商売とする日焼けサロンもあります。

日焼けは通常太陽、稀に紫外線人工灯への過剰照射の結果として発生します。また照射された紫外線がメラニンの保護能力を越えている時に、肌の日焼けは起こります。

メラニンの成分量は個人差があるますが、一般に、白い肌の人よりも浅黒い肌の人々は多くのメラニンを持っています。これは浅黒い肌の人は日焼けがしにくいことを意味しています。

太陽の光からでる紫外線はUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、およびUVC(短波長紫外線)に 分けられます。

地球の大気中のオゾンを透過する間にはいくらかの紫外線が取り除かれます。特にUVCは大気のオゾンによってほとんど完全に取り除かれるのですが、15分未満で日焼けが生じる程度のUVAとUVBは、十分に残っています。また最近は、オゾン層の破壊が広がりその量は以前にも増して多くなっています。そのうえ以前は、UVBのみが皮膚ガンの原因となると考えられていたが、UVAとUVB両方が皮膚ガンを起こすという説が最近、言われるようになってきています。

edit



スポンサードリンク