メラニン色素の輸送を阻害する新酵素発見

スポンサードリンク


メラニン色素の輸送を阻害する新酵素発見

- 肌の美白維持に期待 -
平成18年9月14日

独立行政法人理化学研究所と国立大学法人東北大学は共同で、肌や髪を
黒くするメラニン色素の輸送を阻害する新しい酵素
「Rab27A-GAP(ラブ27エー・ギャップ)」を発見しました。
Rab27A-GAP分子は、ヒトの皮膚や毛根においても機能している可能性が
高く、メラノソーム(メラニン色素を貯蔵する袋)輸送を人為的に制御するた
めの新規の分子標的として応用可能。この分子の活性化・不活性化を促す
薬の開発が進めば、肌の美白の維持や白髪発生の抑制などの研究にも役
立つものと期待されます。
この研究成果は、米国の科学雑誌『The Journal of Biological Chemistry』
オンライン版に近く掲載されます。

皮膚や髪の毛に含まれるメラニン色素は、私達の体を有害な紫外線から守
るために重要な役割を果たしていますが、同時にしみやそばかすの原因と
もなっています。
紫外線を浴びると、私達の体内ではメラノサイトが活性化され、合成された
メラニン色素が皮膚に輸送・沈着することにより日焼け、しみ、そばかすが
発生します。つまり、メラノサイトにおけるメラニン色素輸送の人為的制御は、
肌の美白維持とも密接な関連があると言えます。

今回発見したRab27A不活性化酵素(Rab27A-GAP)は、培養メラノサイト
にも発現しており、ヒトの皮膚や毛根においても機能している可能性が極
めて高いことから、皮膚の暗色化制御の分子標的や白髪発生の抑制など
に応用可能です。今後、Rab27A-GAPのGAP活性を促進・阻害する薬の開
発が進むことが期待されます。

参照ページ ⇒こちら

edit



スポンサードリンク