皮膚の病気 ー 脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん) ー

スポンサードリンク


脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺(毛穴にある皮膚の潤い成分をつくる)の
働きの異常と言われています
脂っぽいフケや赤斑、顔では薄いカサブタ状の赤斑など、皮脂腺が
発達し皮脂の分泌の多い部分に発症する炎症です。


【原因】

皮脂を分泌する皮脂腺に住んでいるマラセチア菌という真菌(カビ)
が関係しているといわれています。この菌は脂質を好むため、皮脂
の分泌量が多いまゆから鼻にかけてのTゾーンや、頭皮などに繁殖
して炎症を起こします。

マラセチア菌の数が多いほど症状は重く、ストレスや寝不足、体質など
も関係すると考えられます。


【症状】


  部分的に皮膚の乾燥と粉をふいた状態、逆に部分的に脂ぎった場所もあり、
かゆみがあることも、無いこともあります。

頭 
ふけが非常に多い状態、角質のはがれが見られ、かゆみを伴う事もあります。


耳垢が多くなり、かゆみを伴います。
進行すると皮膚がただれ、赤みをおび、かゆみがひどくなります。

他に わきや陰部にも発症することもあります。


外用抗真菌薬を塗布すれば1〜2週間で症状は軽くなりますが、
繰り返し発症する場合が多いです。
根本的治療には、皮膚を清潔にケアするとともに、油っぽいもの、
刺激物などをさけ、食生活に注意することが大切です。

根気よく治療を続けなければならない疾患であるといえます。

edit

スポンサードリンク