皮膚の病気 ー とびひ(伝染性膿痂疹) ー

スポンサードリンク


細菌性皮膚感染症 ー とびひ(伝染性膿痂疹) ー

とびひは、主に夏場に幼・小児がかかる皮膚の細菌感染症で、顔や体に
水疱ができ、その水疱が破れると飛び火のように広範囲に水泡が広がっ
ていく伝染性膿痂疹という病気です。
伝染性が強く、プールや保育施設などで、他の子供にうつったり、身体
のあちこちに拡がったりすることから”とびひ”とよばれています。
最近は冬でも見られることがあり、まれに大人もかかることがあります。


【原因】

とびひは主に黄色ブドウ球菌という細菌が感染しておこる病気です。
黄色ブドウ球菌は多くの人の鼻のなかに棲んでいるもので、風邪をひい
て鼻水が出たときや、赤ちゃんが鼻のまわりのひっかいたことがもとで、
鼻の周りから広がり始めることがあります。また、湿疹やあせも、すり
傷、虫刺されなどの傷口に細菌が感染して、始まることもあります。

まれに、かさぶたを主症状とするとびひもありこの場合は溶血性レンサ
球菌という細菌が、主な原因菌です。


【症状】

多くのとびひは水ぶくれで始まります。水ぶくれは衣服でこすれたり、
爪でひっかいたりすると簡単に破れて、赤むけ(ビラン)となり、その
回りからさらに拡大したり、周辺に新しい病変を作ったり、飛び火する
こともあります。また、強い痒みを伴うのが特徴です。

溶血性連鎖球菌(溶連菌)を原因菌とするとびひは、年齢を問わず四季
を通じて発症します。最初は小さい水疱が徐々に大きくなり、水疱に膿
がたまってきて、水疱が黄色い膿疱に変化します。膿疱は破れて赤むけ
となり、厚いかさぶたに被われます。顔面や露出部に多く、疼痛や発熱
など全身症状を伴うこともあります。また溶連菌の性質から腎炎を合併
することもあるので注意が必要です。


とびひを全身に広げないためには水疱をかきこわさないようにすること
が大切です。日ごろから、手洗いをよくして、つめを短く切りましょう。

また皮膚が不潔になるとよりひどくなります。皮膚を清潔にするために
もかかさず入浴し石鹸を使って洗い流すことが大切です。ただし、強く
こすらないようにしましょう。また、とびひがぐちゃぐちゃしていると
きは、シャワーか掛かり湯のみにするのがよいです。  

edit

スポンサードリンク