皮膚がん ー 有棘(ゆうきょく)細胞がん ー

スポンサードリンク


有棘(ゆうきょく)細胞がん

有棘細胞がんは、表皮の中間層を占める有棘層を構成する細胞から発生
するがんで、基底細胞がんに次いで、日本人に多い皮膚がんのひとつです。
毎年、日本人10万人あたり約2.5人がこのがんにかかっていると推定さ
れています。

このがんの誘因として一番に考えられるのは紫外線の関与です。
特に中波長紫外線(UVB)は皮膚がんの発生に大きな影響を与えています。
短期間に大量の紫外線を浴びるのはもちろん、子供のころからの蓄積の
影響でもがんが発生しますので、日光のあたる顔や首、手の甲などに有棘
細胞がんは増えています。また、人口の高齢化に伴って増加する傾向に
あります。

紫外線の影響以外にも皮膚の有棘細胞がんの発症に“ヒト乳頭腫ウイルス”
(子宮頚がんなどの原因の一つ)の関わりが注目されています。
その他、有棘細胞がんには発生母地(ぼち)といわれるものがいくつか
あります。
やけどや外傷の傷跡、慢性膿皮症といわれる完治しにく
いおしりのおでき、膝から下にできる治りにくい皮膚潰瘍や長期間にわ
たる褥瘡(じょくそう:とこずれ)、放射線療法後におこる慢性放射線
皮膚炎などです。

化学物質では、砒素化合物・タール類・鉱物油(切削油)などが発生に
関与する場合があります。

有棘細胞がんは1.7:1の割合で男性に多く、40歳未満では全体の2%
程度にすぎませんが、加齢とともに増加し、通常のがん年齢よりも高い
平均寿命を乗り越えた方々の発症が増加しています。


症状

有棘細胞がんの症状は発生部位・原因・病期によって様々です。
一般に、比較的大きく、ふぞろいな形の紅色をした皮膚の盛り上がりで
肉のかたまりのくずれたもののように見え、表面はジクジクして出血し
やすく、進行すると腫瘍の形はカリフラワー様になることがあります。
つまむとしこりを触れるような場合は要注意です。

それ以外に自覚症状は特にありませんが、神経浸潤を生じると強い疼痛
を覚えるようになります。有棘細胞がんは腫瘍(がん)の表面が弱くな
っているので一般細菌による感染をおこしやすく、膿をもったり悪臭を
放ったりします。

edit

スポンサードリンク