皮膚の病気 ー 帯状疱疹(たいじょうほうしん) ー

スポンサードリンク


帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは

一般的に「ヘルペス」と呼ばれるものです。
子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが、水ぼうそうが治った
後も神経節の中に潜伏し、風邪、過労、ストレス、紫外線などで体
の抵抗力が低下したときに暴れだします。
これが帯状疱疹(たいじょうほうしん)です。

原因となるウイルスは水ぼうそうと同じ水疱・帯状疱疹ウイルスで、
ウイルスが神経に潜んでいることから、神経に沿って帯状に発疹ができます。


【症状】
ピリピリとした神経痛のような痛みがあり、赤い発疹があらわれます。
そこに、透明の小さな水ぶくれができ、水ぶくれが徐々に濁り、黒くなって
かさぶたをつくります。

症状は個人差が大きく、ほとんど痛みがないこともあれば、下着が擦れる
だけでも激しい痛みを感じる人もあります。また、皮膚の症状が治まっても
数ヶ月間痛みが続く場合もあります。(ヘルペス後神経痛)
水疱もパラパラ程度の人もあれば、非常に多くでる人もあります。
痛みがあらわれてから、かさぶたになるまでは3週間〜1ヵ月後位です。
必ず、体の左右いずれかにだけブロック状に発生し、全身に拡がること
は殆どありません。ただし、目や耳の周りにできると、眼球を傷つけたり
脳に障害をおこし、危険な状態になります。


重症の場合は入院治療が必要となりますが、多くの場合は通院で抗ヘルペス
ウイルス剤の内服・点滴などの治療を受ければ、10日程度で治癒します。

一般的には、年齢が高いほど悪化しやすいといわれますので、早めに医師の
診断を受けることが大切です。

edit

スポンサードリンク