過敏症(肌)

スポンサードリンク


過敏肌(敏感肌)は皮膚がうまくバリアを作ることができないため、
化粧品や、日常のさまざまな刺激、体調や季節などに敏感に反応して
かゆみやかぶれなどを引き起こしやすい状態になった肌です。
正常な皮膚は、皮脂腺から皮脂がしっかり分泌され、常に潤ってい
ます。 分泌された皮脂は膜となって角層の表面を覆い、水分の蒸発
を防ぐ働きをしています。
この皮脂膜と角質細胞間脂質の保湿機能によって、皮膚は外部からの
物理的、科学的な刺激から守られているのです。 しかし、乾燥する
と皮脂膜が壊れ、水分が蒸発するため皮膚を保護する機能が麻痺し、
皮膚は様々な刺激を受けやすくなってしまいます。
このような機能が低下する状態は、アトピー性皮膚炎などのように
体質によるものと、生活習慣や化粧品などによる後天的なものがある
と考えられています。


【症状】  
     
  • かゆみ・ひりつき・熱感・発疹を生じる  
  • アトピー性皮膚炎症  
  • 先天性  
  • 後天性(季節的・接触性)  
 


【原因】  
     
  • 化粧品の誤った選択  
  • 日光(紫外線)  
  • 偏食・睡眠不足・過労  
  • 香料・色素  
  • 副腎機能の低下  


過敏肌は皮膚のバリア機能を補うことが大切です。肌のバリア機能が
整えば、水分の蒸発を防いで、外部からの刺激やアレルゲンの肌への
侵入を防ぐことができます。この肌バリアを整えるためには、角質層
の主要成分であるセラミドを補うことが有効であるといわれています。

また、肌の形成にはミネラルやビタミンなどの栄養素が必要不可欠です。
これらが不足すると、健康な肌を維持できず、肌が衰えていく要因になり
ますので食生活にも気をつけなければなりません。

edit



スポンサードリンク