シミ(肝斑)

スポンサードリンク


皮膚が老化すると細胞の活性が衰えて、メラニンの代謝が悪くなり、
色素が皮膚にたまりやすくなります。また、
肌が紫外線などで刺激を受けると、表皮の一番下にあるメラノサイト
という細胞が活性化されます。このメラノサイトが活性化することで
黒色メラニンが過剰に作られ続け、そのメラニン色素を多く含む部分
が表面に現れることで、しみとなってしまうのです。

シミそばかすと同様、メラニン色素の増加が原因で発症しますが、
シミは、主に30歳以降の女性に多く、形や大きさもさまざまです。
女性ホルモンが関係するとの説もあります。


【症状】
 
  • 顔面の左右対称に生じる   
  • 茶褐色   
  • 後天性   
  • 表皮性  


【原因】
 
  • 直射日光  
  • 油性化粧品の使いすぎ  
  • 香料・色素・薬物(外用薬・内服薬)などの使いすぎ  
  • ストレス・内臓疾患・便秘  
  • ホルモンのアンバランス(両性ホルモン)  
が原因といわれています。


シミはケア次第で薄くすることが可能です。まずは紫外線を浴びない
よう、外出時には日焼け止めを忘れず、帽子や日傘などで紫外線を防
ぐようにしましょう。

肌の表面でできる薄いしみには、美白効果のあるパックでお手入れする

ことをおすすめします。特に気になる部分は集中的に。
濃いしみのお手入れにはビタミンCをプラスしましょう。
また、バランスのよい食事を心がけるとともに、ビタミンCを含んだ食事
を積極的にとることが大切です。

edit



スポンサードリンク