美しい素肌を保つために 肌とアルコール

スポンサードリンク


アルコールは毛細血管の拡張、充血を招くため、皮膚に炎症が
おこりやすく、ひどくなりますとかゆみも増します。皮膚が健康で
アルコールの量も常識的な量ならさほど影響もありません

アルコールを飲用する女性には、生まれてくる子供に問題がある
ケースが多いといわれています。またアルコールで、肝臓を悪く
すると男性よりも治りにくいといわれています。

アルコールの大量飲用は内臓障害を起こし、赤ら顔、肌荒れ、皮膚の
老化、フケの原因ともなります

edit