ハリのある肌をつくる真皮

スポンサードリンク


   真皮は表皮の下にある層で、肌のはり、硬さ、弾力に関与する最も
   重要な役割をはたす層で乳頭層、乳頭下層、網状層に区分されます。
   また、基質、細胞、繊維成分の3つの成分から構成されます。

  
  乳頭層 
    表皮突起の間に真皮が突出しています。この部分を乳頭層と呼び
    毛細血管が分布しており表皮に栄養を送り込んでいます。
    肌に栄養を与えるほか、肌の感覚を支配します。
    また水分を多量に含んでいます。

  乳頭下層
    乳頭層のすぐ下にあり、網状層にまでの層で、境界は
    歴然としません

  網状層
    膠原線維と弾力線維があり、表皮の強さや運動を支配するほか
    肌の弾力も作ります
    細胞成分と細胞間物質とによって構成された肌で、最も厚い層です

     ・ヒスタミンやヘパリンを分泌する肥満細胞、メラミン色素を
      取り込む担色細胞が存在します。
     ・皮膚に丸いもので穴を開けるとその穴は腺維の方向に楕円形に
      なってあき、その長軸を肌の割線方向とよぶ。
     ・肌が弾力を失い老化するのは基質が減少してくるため膠原線維
      が太くなり、弾力線維がちぎれるために起こります。

edit



スポンサードリンク