肌と睡眠 -美しい肌は夜つくられる-

スポンサードリンク


・人は眠っている間に、副交感神経の働きで胃腸・肝臓・膵臓など
 全ての生活機能が休んでいます。
 その間血液だけが、体中を駆けめぐり各器官に栄養を補給し、疲労を
 とります。

 肌もその一つで睡眠中は心臓の鼓動も緩やかになり、血圧も下がり
 皮膚の毛細血管も広がって血が十分に皮膚にゆきわたるようになります。
 皮膚に血液がゆきわたるようになると、皮膚は新しい栄養補給を受け表皮
 細胞が作られます。

 「美しい肌は夜つくられる」と言われるのは、そのためなのです
 
 身体の諸機能が一番休んでいる時間午後10時前後〜午前2時頃
 がピークですから、8時間ぐらいの睡眠を取ることが理想的です。

edit