肌を守る4つの働き

スポンサードリンク


皮膚は外部からの刺激(光線、外圧、細菌)に対して敏感に
反応して身体を保護する役割をしています。

1.機械的な刺激に対して
      打撲や圧迫に対して、真皮の結合組織や皮下脂肪、血液
      リンパ管などがスプリングの働きをして体内を守ります

2.科学的な刺激に対して
      皮膚の表面は、分泌された汗と皮脂が混じり合った薄い
      酸膜で覆われており、この酸膜と角質膜のケラチンとで
      科学的な刺激から肌を保護しています。

3.光線に対して
      紫外線の過度の照射を受けると身体に悪影響があるので
      メラニン色素や血色素中のへもグロビンが作用して肌を
      守っています

4.微生物に対して
      皮脂膜が弱酸性に保たれていると、皮膚表面での細菌の
      繁殖を防ぐことが出来ます。

edit



スポンサードリンク